Home > "GrabCut" ― Interactive Foreground Extraction using Interated Graph Cuts

"GrabCut" ― Interactive Foreground Extraction using Interated Graph Cuts

  • Posted by: TETRA
  • 2010年10月 7日 14:23

Abstract

スチルイメージにおけるインタラクティブな前景/背景分離は画像編集における基本的かつ重要な作業で、問題となっているのは(処理時間などではなく)有能さ(efficiency)です。クラシカルな分離ツールは、テクスチャ(色)などの情報を使うか(e.g. Magic Wand)、エッジの(Contrast)情報を使っていました(e.g. Intelligent Scissors)。最近、これらの情報と組み合わせて使うことのできる、グラフカットによる最適化に基づいた手法が開発されました。この論文では、グラフカットを3つの点で拡張を行います。

第1に、パワフルでインタラクティブな最適化手法を開発しました。

第2に、結果を改善するために必要となるユーザーのインタラクションを組み込んだ強力なイテレーティブアルゴリズム(?)

第3に、"border-matting"のためのロバストなアルゴリズムの開発。前景色とアルファを推定する。

対比されるツールに比べて提案手法が抜きんでることをいくつかのそこそこ異なる例で示す。

Introduction

結果としての前景オブジェクトは、アルファマット (alpha-mat) である。それは前景と背景の割合を示したものである。目標は、多少のユーザーのインタラクティブな操作で、高いパフォーマンスを達成することである。

このタスクにおける高いパフォーマンスとは、前景と背景の分離精度であり、すなわち、ブレ(Blur)、mixed pixels などにおいて、背景色の影響を前景から取り除くことを含む。

Previous approaches to interactive matting

for segmentation : Magic Wand, Intelligent Scissors, Graph Cut and Level Sets

for matting : Bayes Matting and Knockout

Magic Wand

Comments:0

Comment Form

画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://tetlist.info/mt/mt-tb.cgi/301
Listed below are links to weblogs that reference
"GrabCut" ― Interactive Foreground Extraction using Interated Graph Cuts from TETLIST

Home > "GrabCut" ― Interactive Foreground Extraction using Interated Graph Cuts

Search
Feeds

Return to page top