Home > 人類皆連続!

人類皆連続!

  • Posted by: TETRA
  • 2009年10月20日 00:15

先週の金曜日のゼミの話......

生物の進化をたどり宇宙生命体を見つけるという崇高な使命をもったゼミに参加していました(違うけど)。

そこで出たのが表題の話。


何が言いたいのかというと、生命の細胞質が過去に位相的(?)連続であっただろうという話です。

地球で最初の単細胞生命が発生して以来、常に細胞の内側と外側は細胞膜で隔てられてて、巨視的な視点で見れば内側と外側の空間って混じり合わないわけです。(実際にはイオンとか分子とかから始まって、時にはウィルスなんかがずばずば抜けていってると思いますが)

で、初期の単細胞生物は細胞分裂で個体を増やしていった訳ですが、やっぱりその間でも「内側」と「外側」が混じることはなかったんですね。まぁそれが生物が多細胞化しても、性差ができても続いてるって話。「内側」は内側、「外側」は外側。

なのでどっかまでさかのぼるとある人の細胞の内側と他の誰かの細胞の内側は同じ細胞膜に囲まれて「外側」と隔離されてた瞬間があるはずなんですね。

そんな感じ。

Comments:0

Comment Form

画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://tetlist.info/mt/mt-tb.cgi/110
Listed below are links to weblogs that reference
人類皆連続! from TETLIST

Home > 人類皆連続!

Search
Feeds

Return to page top